クレイクラフトをやってみました!

みなさん、こんばんは。
おっさんエンジニアこと、うえごんです。

私は昔っから芸術性というのがありません。縁がないというか、親や兄は芸術性には富んでいて特に兄はそれを活かして広告代理店業でバリバリやっていますが、、、
そんな兄でさえ、私の芸術性の無さには匙を投げたそうで。。。

とはいえ、何か違うことにチャレンジしたい!ということで、知り合いのクレイクラフトを学んでいる友人に教えて頂こうと考え、義理の兄と共にやってみました。

完成イメージは、こんな感じ。

ただ、今回はここまでは出来ないので、バラの花を数個作り飾りましょう!がゴール。

 

こちらは義理の兄。クレイクラフト用の粘土というものが売っていて、それでやる訳です。
ユザワヤとか手芸品屋で、¥600くらいで売っているそうです。

私、この時勘違いをしていて、粘土って絵の具みたいに、色を付けるには色付きの粘土を混ぜるんですって。
黄色いバラを作ろうってので、先生に黄色の粘土を少し分けてもらい、ビヨーンって混ぜる訳です。
なんか飴細工職人のTVの特集で同じような場面があったような。。。

まぜまぜして、、、

コネコネして、、、

すると段々とレモン色になり、良い感じの色具合に。

さぁ花びらを作ろうってんで、コツは手のひらで成形をするということと、外側を薄っぺらくすることだそうです。
すると、花びら感がグッと増す訳です。

計10数枚の花びらを作りました。
これを芯といった、細長い感じのをコネて作り、巻いていきます。

芯に花びらを被せるように巻くと、あっという間に蕾の完成!

蕾に、さらに花びらを巻くと、バラの花の完成!

次に葉っぱを作ります。緑の粘土を、今度は型があるので、それに押し込みます。

作った葉っぱを綺麗に飾り付ければ完成!!

完成までは、素人で2時間でした。
結構綺麗に仕上がるんですねー。大したもんだ!





こちらは私の長男。
クレイクラフトとは別の粘土で遊ばせていたのですが、先生の話を聞きながらいつの間にか自分でやり始めてました。

ん〜〜〜、親バカと言って下さい!息子、中々やるな。。。
誰にも教えられずとも、見て聞いてやったなんて、中々やりおる。。。





バラの花はクレイクラフトの基本だそうで、案外簡単に出来ました。
ただ、本物っぽくするためには、そもそも本物のバラの花を見ることから始めなきゃダメだな!っと思いました。


先生、有難うございました!




ではまた。




P.S.

長男の作品集(親バカ!バカ親でも良いです。。。)


誕生日に帽子を被る人。(そんなんいたっけ。。。?)

ぶどう!

にこちゃんマーク入りのクッキー!

で、極め付けは、でんでん虫〜!!

ん〜〜〜、子供ってやっぱ凄いですよね。





ちなみに私も見よう見まねでやって見ました。
それっぽく見えますが、先生曰く「バラではなく、クチナシだね」とのこと。。。。w




クチナシって何ですかーーーーーーーー!!!!



クチナシ(Wikipedia ページ)



では。